Just a moment, please.
ちょっと待ってくれ、頼むからー。っていう情けない名前の日記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小説の一部を。
2006年 01月 30日 (月) 20:07 | 編集
こんにちは。
今回は、小説の一部を載せたいと思います。

簡易登場人物紹介。

ガウェンナ・ポートウィン。通称ガウェンナ。一応主人公。犬人間。女。
シディア・ヴァンデル。通称シディア。一応ツっこみ、クモ人間。男。
ヴェンディリク・レシウェーバー。通称ヴェンディリク、またはヴェンちゃん。一応クール天然。そして怪力。魔法使い。男。
キフィルヴァイン・レザルート。通称キフィルヴァイン。一応天才メガネ。エスパー少年(青年? 男。
ベイラッカ・フィロウィン。通称ベイラッカ。一応ねこっぽい。猫人間。女。

あらすじ?
森の中でベイラッカとはぐれた一行は、ベイラッカを探すことに。
という事で「またたびの木」へむかう。
そしていつのまにか二組に分かれてさがすことに。
だが、さぼっていた(というより探していることを忘れていた)
ガウェンナとシディアは、
いつのまにか巨木の周りを一周していたヴェンディリクとキフィルヴァインが
背後にいることに気づいていなかった。
そこで亀井田のカメラの腕が問われることに・・・


~ガウェンナがいつのまにキフィルヴァインが背後にたっていたのか問いた。~
「さきほどから、だ。お前たちと読者が気づいていなかったからカメラ(亀ラ)がこっちに向かなかっただけだ。」ヴェンディリクがキフィルヴァインの背後から現れながら答える。
「ヴェンちゃん・・・そこにいたの・・・じゃ、じゃぁ、亀井田に抗議すれば?」ガウェンナが提案する。
「アイツがどーいう亀か知っているだろう?
『アタシみたいなできない亀にそんな高等技術が可能だとでも思ってんの!?消すよ!』
などと言われてケシゴムをむけられるだけだ。」はぁ、とため息をつき、ヴェンディリクがこたえる。
「そーいわれてみればそーだな・・・アイツみたいなバカ亀に亀ラ位置をいろいろなところに変えるなんて、できるわけがない。」シディアも同意する。
「大体、オレのメガネもどうにかできないようなやつに亀ラを使わせるなんてムボーだよ。」メガネをくいっとあげながらいうキフィルヴァイン。
「ホントホント。亀井田って駄目亀だよねぇ。」ガウェンナはうん、うん、とうなずきながら同意する。
~「みんなそろってけすよっ!」ヒステリィと化す亀井田。~
「さー、ベイラッカをさがそー!」急に話題を変えるガウェンナ。
「そーだなっ!AHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!」どうみたってムリヤリな感じで笑うシディア。


・・・途中ですがここで切らせていただきます。
これはほかにブログを作ってそこで連載したいと思うので・・・
それでは!
感想がありましたらぜひぜひお願い致します。
スポンサーサイト
ちはです。
2006年 01月 23日 (月) 16:13 | 編集
こんちは、亀です。
交換日記、やめることにします。
かれらが不平不満を亀に向かって言い始めたので。
かれらは結構多忙なようで、暇を作ることができないそうなんです。
さて、本題へ。
今日、なぜかクラリネットの調子がもの凄く悪かったんですよ。
で、隣の席の友達にそう伝えたら、彼女もそうらしいんです。
一瞬伝染病かと思ったくらいですよ、えぇ。
私は愚かな亀ですから。えぇ、亀ですよ!(開き直り。
それではっ!皆さんお元気でぇ~♪
こんばんわ、でしゅわ。
2006年 01月 20日 (金) 17:53 | 編集
みなしゃま、こんばんわ。
いしゃしゃか空腹感を覚えながらほんじちゅの記録を残しているところでしゅ。
しゃいきん、おねぇしゃまはお忙しいのかあたくちにあってくだしゃらないんでしゅの。
しゃびしいでしゅわ。
お顔を見なくなってから、はや五日ほどたっておりましゅの。
でしゅけど、あしゅなら休暇でしゅので来てくだしゃるでしょう。
あたくちにとっても、休暇というのはとてもしゅてきでしゅわ。
しゃぁ、今日も立派なレディになるための特訓でしゅわ!
しょれでは、みなしゃん、ごきげんよう♪
今日の当番はこの僕、海です。 
2006年 01月 19日 (木) 18:06 | 編集
こんにちは、海です。
皆さんお元気ですか?
しばらく日記をやっていないうちに、
ちょっと文章を書くのが上手になって来たと思いませんか?
ナルスィぽくてすいません。
でも、前に書いた時より、ぐっと上達したと自分でも思うんです、
陸の書いた文、どう思います?
僕としては、とっても面白いと思います。
でも、ちょっと皆さんに失礼なところがあって実に申し訳ないです。
そういえば、おねぇちゃんが最近「小説」の波に乗ったらしくて、
どんどんどんどん続きを書いているんです。
読者も増えたって言うし。おねぇちゃん、幸せそうです。
ぼくも何か趣味を見つけたいなぁ。
遅ればせながら新年のご挨拶です。
2006年 01月 17日 (火) 15:40 | 編集
こんちは~。
新年ですね!そうですね!(ハイテンション
でもでも喪中なのであけおめは控えさせていただきます。
ということで、本年もよろしくお願い致します♪
copyright (C) Just a moment, please. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。