Just a moment, please.
ちょっと待ってくれ、頼むからー。っていう情けない名前の日記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸の写真をつけてみました*
2005年 08月 16日 (火) 09:15 | 編集
りくの写真★

今日は、陸の写真をつけてみました。
陸は、とてもおとなしく、海ちゃんともすごく仲良しで、プロレスをするほどです。
が、しかし、私の家の人にしかなついていないので、よその人の前には現れません。なので、幻の猫とさえも呼ばれています。
目がきれいではありませんが、これは理由があります。
この子は、捨て猫だったのを私が拾ってきた子です。
この子を拾ってきた日、実は合計二匹の捨て猫を拾ってきてしまいました。
それを簡単に説明します。
私が、学校から帰る途中で、子猫が倒れているのを見たのがきっかけでした。
その子猫を拾って、家に帰り、どうやら風邪らしい、ということがわかったので、動物病院につれていくことになりました。
動物病院に行く途中の道の真ん中で、ポツンと一匹でお行儀よく座っている子猫を見ました。
その子猫は、目がパンパンに腫れていて、実にかわいそうに見えたもので、 これもまた拾って連れて行きました。(後日、同行した父に聞いたところ、子猫はとても怖かったそうです。)
動物病院に着くとすぐ、見てもらいました。獣医さんの話によると、「今日拾わなければ死んでいた」ということでした。
それから、子猫たちはグングン回復し、最初に拾った一匹は完全に回復すると、父の知り合いの猫好きさんに引き取ってもらえました。
ですが、もう一匹は盲目で、回虫もいたので、貰い手はつかないだろう、ということになりました。
後から、目にくわしい獣医さんに行き、目の腫れたのは治りました。しかし、瞬膜が目に張り付いていて、写真のようになってしまいました。
回虫は、もうすっかり治り、健康なのですが。
しかし、貰い手がつかないだろうし、もう愛着がわいていたので、手放せなくなりました。
こうして、捨て猫陸は、うちの猫になったのでした。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Just a moment, please. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。