Just a moment, please.
ちょっと待ってくれ、頼むからー。っていう情けない名前の日記。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くろこげはにとー。
2006年 03月 02日 (木) 20:21 | 編集
こんにちは、管理人です。

今日の朝、母がヘルパー二級の実習だったので

作り方を教えてもらってはにとー(ハニートーストのこと。)をつくってみました。

              が。

「なんづぁこりゃぁ!!!」

亀井田は絶叫した!(ドラクエ風味

なんとまぁ、レンジのなかではにとーはこげたようなかんじになっていました。

あつそうだとかおもってもってみると。

「と・・・とれない(汗」

なんと、レンジのくろいあみあみにくっついてました・・・(泣

原因は蜂蜜の書け過ぎと思われます。

大失敗だとか思いながらなんとかパン切り包丁で切断してはにとーもどきをとりだすと、

はにとーもどきが朝の光に照らされてその正体を現しました。

「お母さんがつくったのと・・・ぜんっぜんちがっ!」

亀井田は愕然としました。

だってあの城崎 仁と猫ひろしが同い年だったんですから。(関係なし。

と、それも驚きましたがおいといて・・・

さて、それでも亀井田はチャレンジャーです。

随分前の家庭科のある班がつくった恐怖のみそ汁に挑戦する勇者がごとく、

亀井田ははにとーもどきに挑みました。

「あ・・・けっこううまい・・・」

なんとそれは意外に美味しかったのです。

ですが、はにー(はちみつ)のかけすぎで真っ黒になった部分は。

「うぅ・・・中はさくさく外はべっとり・・・上積みがガムみたい・・・」

けっこう亀井田はぐるめなのです。

さて、はにとーもどきの正体がこれではっきりしました。

「失敗作のはにーびすけっと」

です。

亀井田は、改めて自分が何者であるかを再認識しました。

亀井田は

「れしぴがあればなんとかつくれるが、なければ失敗するれべるの料理音痴」

だったのです。

ですが亀井田は開き直って、れしぴがあってもつくれないよりましだと胸を張りました。

そして亀井田は今日も元気に学校へ行くのでした。

ちなみに、随分前の調理実習である班が創った(もはやこの文字が似合ってます

みそ汁は、あり得ない感じの失敗で、

亀井田はあんなすごいものアニメでしか見たことがありませんでした。

さて、亀井田のはにとーのおはなしはこれでおしまい。

ちゃん、ちゃん。
スポンサーサイト
Comment
コメントを投稿する
URL 
comment 

password 
secret 
管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) Just a moment, please. all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。